幼児期からケアを

治療を受ける子供

近年「子どもの歯の健康」のために、積極的に歯科に通う家庭が増えています。あらゆる機会を通して「健康な歯」を維持する啓蒙活動が行われ、今日では広く普及してきました。とりわけ小さい子どものいる家庭では、毎日のセルフケアの重要性が唱えられ、様々なオーラルケア商品が開発されています。小さい頃から「健康な歯」の意識が高いと、一生涯にわたって自分の歯を維持することができます。歯の重要さは失ってから気づく場合も多いので、小さい頃からの正しい理解が必要になります。歯科に行くのは「悪い歯」を治療するためだけではなく、健康な歯を維持するために行くものである、という意識を持たせる必要があるのです。小さい頃からの習慣は、大人になっても維持していくことが出来ます。幼児期こそ、オーラルケアを大切にするべきなのです。

今日では、積極的に「歯科」に通い、歯の健康を維持する家庭が増えています。少子化と言われる今日ですが、歯科医院は子ども達の予約でいっぱいです。「歯」への意識が高い親が増え、その子ども達が予防治療を受けにきているのです。今日の小児歯科の雰囲気は、明るくて楽しい空間が作られています。子どもの好みそうなものを取り入れ、治療がスムーズに行なわれるように工夫がされています。「怖い」というイメージがなく、楽しみながら治療が行なわれているのです。子どもの歯の健康は、親が作るものです。親の協力無しには、子どもの歯を健やかに保つことが出来ません。様々な場面を通して「歯」の重要性が唱えられ、一層高い意識が生まれるようになっているのです。